MENU

富士登山の装備!服装についての考え方は?

富士登山,装備,服装

富士登山に向けて、どのような服装で行けば良いのか?
真夏に行くからって、Tシャツで上れるような場所ではありません。

 

きちんとした服装で、快適な登山を楽しみましょう!

 

富士登山の衣類持ち物について

たとえお気に入りの一着でも、山の服装において”着たまま”は要注意
常に変わる天候や寒暖差にあわせて体温調節できるように、こまめに脱ぎ着することを前提にベース、ミドル、アウターの3レイヤーで構成しましょう。

 

ベースには吸湿速乾性のあるもの。
防臭や抗菌、UVカットなども重要な機能です。
化学繊維や体温調節機能にすぐれたウールを選びましょう
綿製品は基本的にNGです。速乾性が悪く体温を失います。

 

ミドルには通気性がよく保温性にも優れたフリースが定番。
綿以外のシャツなども有効です。

 

アウターにはまず雨天時用の防水透湿素材のレインウェアが必須。
ビニールの雨合羽は岩に引っかかった場合の耐久性が貧弱なことと着たまま長時間歩く場合、透湿素材でないと汗ムレによって雨と同じくらい濡れてしまいます。

 

特に富士山では、レインウェアは雨天時だけでなく寒さや強風をしのぐ役割も果たしてくれます。
上着だけでなく、セパレートの上下セットを用意しましょう。
派手なカラーはオシャレのためだけでなく、万が一の遭難時にも被視認性を高める効果が期待できます。

 

富士山での防寒対策

山小屋での滞在、夜間行動中の休憩、御来光待機、、
真夏であっても何かと寒いシチュエーションが多いのが富士山。

 

そこでカラダが冷えてしまっては、体力を消耗しますし、何より楽しさを感じる余裕がなくなってしまいます。

 

だから保温力の高い中綿入りの防寒着=インサレーションはオススメです。

 

近頃は優れた化学繊維も登場していますが、おすすめはやっぱりダウン
アウトドア用品では高品質なグースの羽毛が使われているものが多く、驚くほど軽くて暖かいのが特徴。
さらに圧縮してコンパクトになるので荷物の軽量化にも役立ちます。

 

必需品のジャケットのほか、下半身まで温めてくれるパンツ、ビーニーや、ゲイターなどの小物もあるので、上手に使いこなすとより快適に。

 

そして、侮れないのがグローブ
体の末端となる指先が冷えないだけでも体感温度が変わるので、手の保護を兼ねて押さえておきたいアイテムですね。

 

富士登山の服装・ボトムス、シューズについて

登山のキモとなる下半身の動きを左右するのがボトムスとシューズ選び

 

まずボトムスは、吸湿速乾素材のものが基本。
足を楽に動かせるストレッチ素材であることも重要です。

 

流行のショーツ+タイツは、関節や筋肉をサポートするタイプがトレンド
定番のロングパンツや、ひざ下を着脱できるコンバーチブルタイプもおすすめです。

 

ちなみに富士山では砂利や砂塵が多いので、靴への侵入を防ぐゲイターが必需品。
おしゃれな色柄もあるので、ファッションの一環としても利用できます。

 

そして最も重要なのが足をダイレクトに支えるシューズ。

 

行動時間が長い富士山では、アッパーやソールがある程度柔らかく、歩きやすいライトトレッキングシューズがおすすめ。
ただし、足首をサポートしてくれるミドルカット以上がマスト

 

安定して歩ける溝の深いソールと、防水透湿機能も欠かせません。
いずれにしても自分の足に合うことが第一条件
女性用や幅広モデルなどもあるので、レンタルの場合でも必ずためし履きをしましょう。